ご家庭のお客さま向けFAQ

  • No : 2337
  • 更新日時 : 2017/04/01 09:00
  • 印刷

警報器はどこの家でも取り付けが必要ですか?

回答

改正消防法により、新築住宅では平成18年6月1日から、また既築住宅についても平成23年6月1日から、「住宅用火災警報器の設置」が義務化されました。未設置の場合でも罰則はありませんが、消防庁などでは、火災による生命と財産の犠牲を減らすため火災警報器の設置を呼びかけています。

東京ガスが販売する火災・ガス漏れ複合型警報器は「煙」または「熱」を感知して、火災を警報音と音声でいち早くお知らせします。また、ガス漏れや不完全燃焼による一酸化炭素もセンサーでチェックし、お知らせいたします。

なお、台所には「火災・ガス漏れ複合型警報器」、居間・寝室・階段には「住宅用火災警報器」の設置をお勧めしています。

※詳しくは、こちらをご覧ください。

アンケート:このFAQにより問題解決できましたか?