ご家庭のお客さま向けFAQ

『 床暖房 』 内のFAQ

29件中 11 - 20 件を表示

2 / 3ページ
  • 床暖房のフローリングの上にカーペットを敷いていいか知りたい。

    カーペット類を上に敷くと、部屋が暖まりにくくなるので、あまりおすすめできません。 もし敷くのであれば、できるだけ薄いカーペット等にして下さい。 詳細表示

    • No:1940
    • 公開日時:2016/03/04 12:00
    • 更新日時:2017/12/04 16:11
  • 床暖房だけで部屋全体を暖めるために必要な広さを知りたい。

    目安としてお部屋の広さの60%~70%※程度に敷設すればお部屋全体が暖まり、床暖房だけで快適にお過ごしいただけます。 ソファの足下だけ等の部分的な床暖房ではお部屋全体は暖まらず、他の暖房が必要になってしまいます。 ※建物構造などの条件により異なります。 詳細表示

    • No:1936
    • 公開日時:2016/03/04 12:00
    • 更新日時:2017/12/04 16:21
  • 床暖房のメンテナンスについて知りたい。

    TESは、2年間の無償保証期間を設けています。万一、保証期間中に修理が必要になった場合には、無料で修理します。 詳細表示

    • No:1686
    • 公開日時:2016/03/04 12:00
    • 更新日時:2018/11/13 11:31
  • 床暖房の温水パイプがつまったり、水もれをすることはないか知りたい。

    床暖房の温水パイプは半密閉式回路になっています。 自然に蒸発した温水の不足分は自動的に給水され、水アカや異物がつまらない限りはパイプがつまることがありません。 ただし、床にくぎや鋲を打った場合、それが床仕上げ材をつき抜けて温水パイプまで達すると、水もれします。 一定量のもれを検知する... 詳細表示

    • No:1935
    • 公開日時:2015/02/19 22:16
    • 更新日時:2017/12/04 16:28
  • 冬場、給湯と床暖房を同時に使用しても大丈夫か知りたい。

    1台の機器の中に、「給湯用熱源機」と「暖房用熱源機」の2つが入っていると、お考えください(一部を除く)。 そのため、給湯と床暖房を同時使用しても、給湯能力が下がったりする心配はございません。 詳細表示

    • No:1947
    • 公開日時:2015/02/19 22:16
    • 更新日時:2017/12/04 15:22
  • 床暖房と電気カーペットの違いを知りたい。

    一般家庭用の電気カーペットは、電気容量を考慮し3畳程度のものが多く、補助的な暖房として使用され部屋を暖めることはできません。 触れている部分だけが暖まります。 床暖房は、温水マットを部屋の6~7割に敷詰め、ふく射熱により、部屋全体を暖めます。床暖房のみで部屋全体を快適な室温に保ちます。 詳細表示

    • No:1938
    • 公開日時:2015/02/19 22:16
    • 更新日時:2017/12/04 16:15
  • 床暖房はどのくらい水を使うか知りたい。

    温水パイプは循環式になっており、常に新しいお水を使っている訳ではありません。蒸発した分だけ、自動で給水するシステムとなっております。たとえば、8畳の部屋の場合、約2リットルの温水が循環しています。 詳細表示

    • No:1690
    • 公開日時:2016/03/04 12:00
    • 更新日時:2017/12/25 15:04
  • 床暖房の日頃のお手入れは必要か知りたい。

    床暖房は定期点検や日常のお手入れは不要です。暖房水の補給は、自然蒸発した分を熱源機が自動補給しますので、定期的に水を足す必要はありません。(給水配管を接続していない場合は除きます。)詳細は取扱説明書をご確認ください。 フローリングのお手入れは、普通のフローリングと同様です。 詳細表示

    • No:1687
    • 公開日時:2016/03/04 12:00
    • 更新日時:2018/12/28 17:08
  • 新築住宅用の床暖房の施工パターンを知りたい。

    新築用ガス温水床暖房は、仕上げ材の下に温水マットを敷き込み約60度の低温水を循環させます。設置の際はお部屋や仕上げ材に応じて最適な工法を用います。 詳しくは、こちらをご覧ください。 詳細表示

    • No:1694
    • 公開日時:2016/03/04 12:00
    • 更新日時:2017/12/25 15:06
  • 床暖房は水漏れをしないか知りたい。

    温水パイプを傷つけない限り、水漏れの心配はありません。万が一、水漏れした場合でも、一定の漏れを検知すると、熱源機が異常を検知して自動的に運転をストップします。 詳細表示

    • No:1691
    • 公開日時:2016/03/04 12:00
    • 更新日時:2017/12/25 14:12

29件中 11 - 20 件を表示