• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1903
  • 公開日時 : 2015/02/19 22:15
  • 更新日時 : 2017/12/15 14:22
  • 印刷

長期不在や転居でしばらくガス機器を使用しない時に、ガス機器の不具合を防止するため、事前に行うことはあるか。

回答

ガス給湯器は配管や機器内の凍結による不具合を防止するため、「水抜き」を行ってください。水抜きの方法は、ご使用機器の取扱説明書をご覧下さい。
水抜きは東京ガスでお伺いすることもできます。お近くの東京ガスライフバル・エネスタにご相談ください。
また、ガスコンロ・小型湯沸器・ふろがまなどの乾電池を使用している機器では、電池の劣化による不具合を防止するため、取り外しておく事をお勧めします。

アンケート:このFAQにより問題解決できましたか?