• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2077
  • 公開日時 : 2015/02/19 22:16
  • 更新日時 : 2021/02/16 15:14
  • 印刷

負担金を払っても本支管が自分の資産にならない理由を知りたい。

回答

「本支管」は東京ガスの資産にしておくことで、東京ガスの責任と判断で維持管理を行い、ガス管を先へ延ばす・より太いものに入れ替えるなどによりネットワークを整備し、より多くのお客様に・より安心してガスをお使いいただくことができます。
負担金は「お客さまに新たにガスをお使いになるために東京ガスがネットワークを整備する費用の一部をお客さまにご負担いただく」ものであり、「お客さまが本支管を建設する」ものではありません。
「新しい本支管によって便益を得るお客様にご負担をお願いする」という「受益者負担」の考え方を折り込みつつ、「公共の財産を整備していく」制度であることをご理解いただけますようお願い申し上げます。

アンケート:このFAQにより問題解決できましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます