• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご家庭のお客さま向けFAQ

  • No : 2319
  • 公開日時 : 2016/03/04 12:00
  • 更新日時 : 2017/10/23 18:43
  • 印刷

給湯器リモコンで温度を調節する場合と蛇口で温度を調節する場合では、どちらがガスを節約できるか知りたい。

回答

混合水栓(蛇口部分で水と混合して好みのお湯の温度に調節する蛇口)で給湯器のお湯と水を混ぜて出湯している場合には、手元で出すお湯の温度とお湯の量が同じであれば、基本的にはガス使用量は同じになります。

例えば、給湯器リモコンを42℃設定にして42℃でお湯を使用する場合は、使用する量の水を42℃に沸かしています。
給湯器リモコンを60℃設定にして、42℃でお湯を使用する場合は、使用する量より少ない量の水を60℃に沸かし、その後、使用する量まで水を混ぜて42℃に調節しています。

つまり、最終的な手元で出すお湯の温度とお湯の量が同じであれば、基本的にはガス使用量(温めるために必要なエネルギー量)は同じになります。

アンケート:このFAQにより問題解決できましたか?