• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご家庭のお客さま向けFAQ

  • No : 2323
  • 公開日時 : 2017/04/01 09:00
  • 更新日時 : 2017/10/23 18:33
  • 印刷

ガス衣類乾燥機(乾太くん)と電気衣類乾燥機の違いを知りたい。

回答

ガスは電気よりパワーがあるので、乾燥時間の早さ、燃費の安さなどが電気よりすぐれています。
5キロタイプでフル乾燥した場合、ガス衣類乾燥機(乾太くん)は約52分で乾燥が終了し、1回の燃費は約32円です。
電気衣類乾燥機は乾燥時間は約169分、燃費は約51円かかります。

なお、「乾太くん」を室内設置する場合は、「乾太くん」の中で発生した湿気を屋外に出すための排湿筒工事をお願いしております。
そのため、イニシャルコストは電気衣類乾燥機よりかかる場合がございます。
しかし、衣類乾燥機からの湿気を屋内に放出することで起きるカビ発生や壁紙の劣化は防げますので、排湿筒を設置いただくことのメリットもございます。

◆算出条件
・JISの規定に基づいて、実用衣類5kg(綿50%、化繊50%)、脱水率70%の洗濯物を
 乾燥率100%にしたもの。
・ガス料金は一般ガス契約(東京地区等)、電気料金は東京電力の従量電灯B契約の
 平成28年9月時点の平均原料・燃料価格に基づいて計算した税込金額(基本料金
 含まず)。
※使用状況によりランニングコストは異なります。

(リンナイ、東京ガス調べ)

アンケート:このFAQにより問題解決できましたか?