• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 NGV(天然ガス自動車) 』 内のFAQ

18件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • NGVとCNG車って何が違うの?

    NGVは「天然ガス自動車」(Natural Gas Vehicle)の略号で、CNG車は「圧縮天然ガス車」(Compressed Natural Gas)の略号で、何れも天然ガス自動車のことを指しています。ほとんどの天然ガス自動車は、燃料容器にガスを圧縮して高圧貯蔵(圧力:20MPa(約200気圧))するためにC... 詳細表示

    • No:9111
    • 公開日時:2018/12/20 11:14
  • NGVとCNG車って何が違うの?

    NGVは「天然ガス自動車」(Natural Gas Vehicle)の略号で、CNG車は「圧縮天然ガス車」(Compressed Natural Gas)の略号で、何れも天然ガス自動車のことを指しています。ほとんどの天然ガス自動車は、燃料容器にガスを圧縮して高圧貯蔵(圧力:20MPa(約200気圧))するためにC... 詳細表示

    • No:9023
    • 公開日時:2018/12/18 18:00
  • 天然ガスの1立方メートル(m3)は、ガソリン、軽油、LPGの1リットル(L...

    各燃料の取引単位当たりの発熱量が異なります。また燃料の組成の違いにより発熱量当たりの二酸化炭素発生量も異なり、天然ガスは最も少ない燃料です。 詳細表示

    • No:9030
    • 公開日時:2018/12/18 18:00
    • 更新日時:2018/12/19 10:51
  • 天然ガス自動車の燃料を数える単位は何?

    ご家庭でご利用の都市ガスと同様に立方メートル(m3)が取引単位となります。 詳細表示

    • No:9029
    • 公開日時:2018/12/18 18:00
  • 例えば100リットルの燃料容器には天然ガス何m3を充てんできるの?

    天然ガス約20m3を充てんできます。 詳細表示

    • No:9031
    • 公開日時:2018/12/18 18:00
  • 燃料容器の再検査って何?

    燃料容器の再検査は車両ガス容器再検査と呼ばれ、一定期間ごとに検査を受けることが定められています。容器と容器元弁/安全弁の漏洩試験と外観検査のみの簡素な内容で、30分程度で済みます。容器再検査の頻度は、容器製造後、初回は4年以内(車両の初度登録時点で既に容器製造から数ヶ月以上経過しているため、実質3年数ヶ月)、2回... 詳細表示

    • No:9034
    • 公開日時:2018/12/18 18:00
  • 特別なメンテナンスって必要?

    通常の定期点検や車検の他に燃料容器の再検査を定期的に受けていただく必要があります。また、ガソリンやディーゼル車と燃料供給系の構造が異なるために点検の項目は多少異なりますが、特別大きな費用や時間はかかりません。 詳細表示

    • No:9033
    • 公開日時:2018/12/18 18:00
  • 燃料ガスを高圧で充てんするけれど危なくないの?

    車載の燃料容器は法律に基づき安全率や耐環境性等を満足する設計がされているとともに、車両設計についても事故や火災等の各種トラブルを想定した設計がなされ、安全性は十分確保されています。 詳細表示

    • No:9032
    • 公開日時:2018/12/18 18:00
  • 天然ガススタンドを使うには特別な契約が必要なの?

    ご利用契約やお支払い方法はスタンドによって異なりますので、詳細は各スタンドにお問い合わせください。なお、東京ガス直営のスタンド(約40ヵ所)をご利用される場合には、自動車1台につき1枚ずつ専用のTGカードのお申し込みが必要となっています。 詳細表示

    • No:9027
    • 公開日時:2018/12/18 18:00
  • どこのスタンドで充てんしても燃料価格は同じなの?

    東京ガス直営スタンドでは(約40ヵ所)燃料価格は一律ですが、東京ガス直営スタンド以外の燃料価格については各スタンドへお問合せ下さい。 詳細表示

    • No:9028
    • 公開日時:2018/12/18 18:00

18件中 1 - 10 件を表示